【2023年版】ひたち海浜公園のネモフィラ完全ガイド!周辺グルメも紹介

この記事では地元ひたちなか市民だからこそ分かるひたち海浜公園のネモフィラの楽しみ方を完全ガイドします。

また、ひたち海浜公園周辺のおすすめグルメも紹介しますので1日まるっとひたちなか市を満喫できる内容になっています。

気になる内容は下の目次から見れますのでぜひ活用してください。




国営ひたち海浜公園の概要

国営ひたち海浜公園の概要を紹介します。

住所 茨城県ひたちなか市馬渡605‐4
電話番号 029‐265-9001
休園日 火曜日
※3月26日~5月31日は休みなし
開園時間 9:30~17:00
※4月29日、30日、5月3日~5日は7:00開園
WEB ホームページ

休園日について

毎週火曜日休園
※3月26日~5月31日は毎日開園しているのでネモフィラ観光の際は閉園の心配はありません
※3月21日春分の日は開園。翌日22日が閉園となります

開園時間について

9:30~17:00
※4月29日、30日、5月3日~5日は7:00開園

ネモフィラの見ごろ時期は大変混雑が予想されます。
おすすめは上記の7:00開園の日、しかも朝いちばんです。

入園料・駐車料金について

中学生以下の入園料は無料です。

※2023年4月3日に入園したらクレジットカードやQRコード払いに対応されていました。これは嬉しい(笑)

1日券

入園料
(団体料金)
大人
【高校生以上】
450円
(290円)
シルバー
【65歳以上】
210円
(210円)

※上記入園料にプラス250円の参加料がかかる場合があります(4月7日~5月7日のうち20日間程度)

2日通し券

入園料
(団体料金)
大人
【高校生以上】
500円
(350円)
シルバー
【65歳以上】
250円
(250円)

※上記入園料にプラス250円の参加料がかかる場合があります(4月7日~5月7日のうち20日間程度)
※団体料金は20名以上からです
※ペット入園可(リードなどでつなぎ他の方の迷惑にならないようにお願いします)

参加料について
4月7日~5月7日のうち20日間程度、入園料と参加料(250円)を合わせた金額をゲートにて支払う必要があります。
参加料はネモフィラやチューリップなど花畑の充実や、臨時案内所の設置などの海浜公園の魅力向上につながる取り組みを行うために支払うようです。

年間パスポート

入園料
(駐車券付き)
大人
【高校生以上】
4,500円
(6,600円)
シルバー
【65歳以上】
2,100円
(4,200円)

駐車料金

駐車料金
(1日)
年間パス
提示
普通 520円 420円
二輪 260円 210円
大型車
団体
1,580円 割引なし

ひたち海浜公園へのアクセス

電車・バスで行く場合

⇒電車・バスでのアクセス方法【海浜公園HPへ】

自動車で行く場合

⇒自動車でのアクセス方法【海浜公園HPへ】

ひたち海浜公園ICから駐車場までの道のり

ネモフィラを見たいときは西駐車場がオススメ

⇒駐車場までのご案内【海浜公園HPへ】

駐車場は、

  1. 西駐車場【2700台】
  2. 南駐車場【2000台】
  3. 海浜口駐車場【350台】
  4. そのほか第1,2,3臨時駐車場

があります。

ネモフィラが咲き誇る『みはらしの丘』に一番近い駐車場は西駐車場です。駐車できる台数も多いのでネモフィラを見に行く場合は西駐車場がおすすめです。

西駐車場にはトイレもあります

駐車場の混雑をチェック

当日の駐車場の混雑状況をチェックするためにはひたち海浜公園駐車場の公式ツイッターでの情報収集が便利です。

⇒ひたち海浜公園駐車場【公式】ツイッター




ネモフィラの楽しみ方ガイド

写真は2023年4月3日の3分咲きの様子

ネモフィラまでのルート

翼のゲート付近の写真 ネモフィラは左に向かいます

翼のゲートを背にして左に向かいます

西口サイクルセンターを通過します 自転車で行くのも良いですね

みはらしの丘はこっちですよーの看板 ネモフィラを楽しみに歩きましょう

左手側に見える記念の森レストハウスも通過

右手側には噴水。ネモフィラはもうすぐですよ

最後の直線。奥にネモフィラが見えます 見ごろの時期は人混みが凄いです

到着です。奥に見えるのがみはらしの丘です

ひたちなか市内で一番標高が高い場所

シーサイドトレインで行く方法

シーサイドトレインでネモフィラを見に行く方法を紹介します。

4月中旬から5月中旬までの期間限定でみはらしの丘への直行便がでます。これによってシーサイドトレインでネモフィラを見に行く方法は3つのパターンがあります。

  1. 通常の周遊便ルート
  2. 周遊便迂回ルート
  3. みはらしの丘直行ルート

通常の周遊便ルートの場合は1日乗り降り自由の周遊券が600円になります。その場合、周遊券、のりもの券、フリーパスなどを利用できますが、直行便の場合は現金のみの利用になるようです。直行便ルートは片道300円です。

ネモフィラ以外のおすすめスポット

サイクリング

レンタサイクルの料金表

3時間 延長
30分ごと
大人 600円 100円
子供 300円 50円
アシスト付
電動自転車
900円 200円

ちなみに自転車でネモフィラを見に行くのもおすすめです。

みはらしの丘の近くに自転車を止めるところがあるので便利です。

自転車の移動もおすすめです

ぴょんぴょんたまご

ぴょんぴょんたまご

3歳以上のお子さんがいるのであれば絶対に喜ぶと思いますよ。

プレジャーガーデン

観覧車

ぐるり森

林間ジェットコースター

林間ドライブ

ゲームセンター

飲食系

ガーデンレストラン

そよかぜキッチン

くまさんのカステラ 揚げパンもおいしい




ひたち海浜公園周辺のグルメ情報

ここからは、ひたち海浜公園の周辺のお店を紹介します。

海浜公園で遊んだ後、近くでご飯を食べたいって方は是非参考にしてください。

ここで紹介するお店は、

  • 車で海浜公園に来ている
  • 帰りはひたちなかICから帰る
  • とにかく海浜公園近くで食べたい

という方向けのおすすめグルメです。

もし、そういう縛りがなくひたちなかでおすすめのランチが知りたいという方はこちらの2つの記事が参考になるかと思います。

⇒ひたちなかの『人気ランチ』を紹介【海鮮・イタリアン・フレンチ・中華・和食など】

⇒【2023年最新版】いまさら聞けない!ひたちなかのおすすめランチ24選!

この2つの記事は私たちひたちなか通信編集部が実際に行った事のあるお店や、ひたちなか通信のインスタグラムでフォロワーさんにアンケートを実施した結果、おすすめされたお店のみを厳選して紹介している記事です。
ひたち海浜公園からは距離のあるお店もありますが、時間に余裕のある方はぜひ行ってみてください。

ではここからはひたち海浜公園周辺の飲食店を紹介します。

主にひたち海浜公園周辺だからこそ食べられる飲食店を紹介しますが、大手チェーン店やフードコートがお好みでしたら、ファッションクルーズさん、マクドナルドさん、フライングガーデンさん、すぎのやさんなども近くて便利です。

では早速ひたち海浜公園周辺のグルメを紹介します。

吉BAY

吉BAYさんは今回紹介するお店の中で1番ひたち海浜公園から近くコストコの目の前にあるお店です。

季節限定のうどんや定番のうどんなどがあります。

お一人様での利用もできますし、お店の奥には座敷スペースもあるのでお子様連れでも行きやすいお店です。

住所 ひたちなか市馬渡大沼3106‐9
電話番号 029‐352-2171
定休日 月・火曜日(店舗に要確認)
※祝日の場合は営業
営業時間 平日昼11:00~14:30(LO14:30)
土日祝11:00~15:00(LO15:00)
夜18:00~21:00
※コロナの影響で現在は昼のみとのこと。要確認
WEB ホームページ

⇒吉BAYさんでランチした時の記事はこちら

えぞっこ

えぞっこさんは吉BAYさんと同じ並びにあるラーメン屋さんで全席カウンター席です。

おひとり様はもちろんのこと、2~3人など少人数の大人のグループにおすすめのラーメン屋さんです。

もやしたっぷりの味噌ラーメンがおすすめです。

住所 ひたちなか市馬渡552
電話番号 029‐229-0929
定休日 なし(臨時休業あり)
営業時間 10:30~14:15、17:00~20:15
WEB 食べログ

とん竹

とん竹さんはひたち海浜公園の近く昭和通り沿いにあるお店です。

とにかくガッツリ食べたい方にはおすすめのお店です。

住所 ひたちなか市馬渡3246‐2
電話番号 029‐274-6800
定休日 火曜日
営業時間 平日11:00~14:00
土日11:00~14:00、17:30~19:30
WEB 食べログ

⇒【とん竹】ひたちなか市馬渡にあるとんかつ屋とん竹さんの店舗情報を紹介

市川

市川さんはひたちなかIC方面にあるお店でおすすめのお蕎麦屋さんです。

テーブル席もありますし、お店の奥には座敷もあるのでお子様連れでも安心していけるお店です。

多少人数が多くても行きやすいお店ですね。

住所 ひたちなか市西十三奉行11694‐2
電話番号 029‐265-7000
定休日 木曜日、第1・3・5水曜日
営業時間 11:30~14:00、17:00~21:00(LO.20:30)
WEB 食べログ

⇒【蕎麦ランチ】そば処市川さんのランチメニューや店舗情報などを紹介

まとめ

いかがだったでしょうか?

ひたち海浜公園のネモフィラの魅力や、ネモフィラ以外のおすすめスポット。さらにはひたち海浜公園周辺のグルメ情報を紹介しました。

今回私が写真撮影したのが2023年4月3日でした。

ネモフィラが見ごろを迎えると本当に人混みが凄いので写真との違いにびっくりするかもしれませんが、、、笑

ぜひ今回の記事を参考にしていただいてネモフィラや海浜公園周辺の美味しいものを食べてみてください。



関連記事

  1. 2023年元日のファッションクルーズ新春福袋の販売情報を紹介します

  2. 【海浜公園近く】ひたちなか市馬渡にあるとんかつ屋とん竹さんの店舗情報を紹介

  3. iNORiさんでフットケアを受けて足首がスッキリ動くようになりました

  1. コーヒーショップコマクサさんの店舗情報を紹介します|東石川にあ…

    2024.02.06

  2. ミル・アベイユさんの店舗情報を紹介します|外野にあるケーキ屋さん

    2024.01.31

  3. &SUGAR(アンドシュガー)さんの店舗情報を紹介します|堀口にある…

    2023.09.30

  4. 中国料理鳳華さんの店舗情報やランチメニューを紹介します

    2023.09.11

  5. 酒菜おかめさんの店舗情報やランチメニューを紹介します|JR勝田駅…

    2023.08.12

  1. 【2023年最新版】いまさら聞けない!ひたちなかのおすすめランチ24…

    2023.02.28

  2. 吉BAYさんでうどんランチしてきました|つけ汁(肉汁)とかすうどん…

    2021.10.14

  3. 阿字ヶ浦にある浜ベーカリーあじぱんさんの店舗情報やメニューなど…

    2023.01.21

  4. アネカーニバルが5月8日に開催されます|アネカーニバル出店店舗を…

    2022.05.02

  5. 【一桐さんでランチ】お刺身やてんぷらなどを堪能|お刺身定食と一…

    2021.12.08